「コハダは大トロ」ポットキャスティングで続々紹介。

いやはや、うれしいが事が続いております。餃子屋シリーズ第三弾「コハダは大トロよりなぜ儲かるか」が、ぞくぞくとメディアで取り上げられているんです。

最初は「通勤立ち読みブックラリー」でした。主催者の竹ノ内さんの鋭い切り込みに、私の弟子の林君が答えた音声番組です。これだけ聞けば、本書の4割は抑えたようなもの。しかし、林君もしっかりしてて、キモの部分は答えていないんです。耳ではなくて、目でしっかり読んで欲しいと言うことでしょう。

それと、同じく音声番組の「新刊ラジオ」で8月13日に紹介されました。こちらは若い矢島君が軽快なトークで本の内容を説明してくれています。圧巻はプロの声優によるドラマ。これは素晴らしい。


二人の視点の違いを比べてみるのも、おもしろいですぞ。