コハダはなぜ大トロよりが儲かるのか

「コハダはなぜ大トロ話より儲かるか」が、昨日から店頭に並びました。私のことが書かれているものですから、ちと照れくさかったんですが、大型書店をぐるりと回ってきました。

売れてましたよ。さすがに読者の方はお目が高い、と感じ入った次第です。

この本のテーマは不況下の経営と管理会計です。新聞も、経済誌も、やれ利益を増やせ、そのためにはまずは固定費を減らせの大合唱。

本当にこれで業績が回復するのでしょうかね。

なになに、管理会計を熟知しているから、大丈夫てすって

経営はそんな甘いものではありません。

なんですか?、そのわけを説明して欲しい?。

私に聞くより、「コハダはなぜ大トロより儲かるのか」を呼んでください。私の弟子たちが、分かりやすく、丁寧に解説していますからね。