明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
どうやら私たちは後世の歴史で語り継がれるような激動の中を生きているようです。

秋に、上海に行ってきました。ここは摩天楼が建ち並び、空港からは時速431キロのリニアモーターカーが行き来する近未来都市のような都市でした。とはいえ、パジャマ姿で町を歩くおじさんや若い女性、赤のナイキの帽子をかぶった団体旅行者たちを見ると、昭和40年代を舞台にした映画「オールウェーズ」に出てくる日本のようにも思えました。

いまアジアには勢いがあります。その牽引車である中国が上海万博後どうなるか。十年前から言われているのは、万博を契機に中国の衰退が始まるというものです。貿易立国から脱皮できない日本は、その時までに成長戦略を描がき歩み出せるか。そして私たち個々人が自分の生活を守る。ここが大切なポイントだろうと思います。

今年こそはいい年でありますように。